exhibition

Shadows of Light@津山 作家紹介文

この度、PORT ART&DESIGN TSUYAMAでは、写真家 森下大輔氏による展覧会を開催致します。 2005年「重力の様式」を皮切りに、6x7フォーマットの中判カメラを主に使用し、フィルム撮影~暗室プリントの作業を中心に制作を継続されています。 当初は風景を中心に、光の美しさをストレートな方法で撮り続けて一定の評価を得ましたが、近年ではそこにとどまることない実験精神を発揮し、暗室作業における現像ムラや長時間露光、逆光によるフレア、アウトフォーカスやドキュメントフィルム、赤外線フィルムなどに積極的に取り組み、制作の幅を広げています。そこから生まれる作品はデジカメで気軽に撮れるようになった昨今の写真とは少し違い、フィルムに収められ、暗室の中から立ち現れるという時間的な距離や、偶然性を誘発させる過程がブラックボックスとして機能しているのです。 一聴して不思議な印象を受ける「写真が写真を生み出す」という氏の発言は、写真が現実の似姿として一般的な意味や価値観と交換され、消費されるのではなく、それとは異なる場所、現実の外部から立ち現れることを期待してのものです。この「写真原理主義」とも言える信念こそ氏を支える強い力となっており、作品制作の羅針盤としても機能しているのです。 私たちの身辺にある見慣れた景色。どこにでもある木、人々の生活や建物、空に浮かぶ雲。平凡で自明な現実に正面から相対した時、私たちはそこに、私たち自身が社会の中で何者かを演じ始めるまえに持っていた、素朴で純粋な視線を発見します。そんな視線からこそ、新しい詩情や観念が生まれてくるのではないでしょうか。 今回展示される「Shadows of Light」は、氏の主宰するasterisk booksでの二冊目の写真集にあたり、今後の活動の幅の拡がりを予感させる重要な作品となります。是非、ご高覧ください。

【森下大輔 写真展 Shadows of Light/展評 森内勇貴】

 森下氏の写真は、現象学的な仕掛けに満ちている。 そこには、 常に”異質な何か”が写り込んでいて、それは、手の傷かもしれないし、モヤであったり、影であったり、光であったり、現像ジミ?であったりするかもしれないが、その異質さは、まず鑑賞者の目を惹く。その違和感の塊を 見つめ続けていくうちに、それは、意味の重みを増し、写真の中で、ブラックホールのように、鑑賞者の視点と他の被写体を引き込む中心へと変わっていく。その異質な中心点は、鑑賞者の住む既成の世界も飲み込み、写真に写り込んだ全てのものを飲み込む。 そして、ある瞬間、突然に、その異質な塊は、周囲の存在を照らし返す”光源”としての「真の意味」を開-示する。それは世界を照らしかえす”光”となり、その光に照らされた被写体は、それまでの意味や価値を、転倒させ、まったく違った存在へと変貌する。 まとめると、森下氏の写真には、既存の世界と異質な何かが常に写り込んでいて、その異質な何かは、その異質さ故に鑑賞者の目を引き、それを中心にして、既存の世界は、別の世界へ開かれる。異質な塊は、意味の裂け目として機能し、その裂け目が放つ光は、既存の世界を変容させる力に満ちている。森下氏は、それをある時は、”空白”、あるいは、“豊潤な空白”と呼び、またある時は、”存在を、存在足らしめる光” と呼んだ。現象学では、それを「確信成立条件」と呼び、その確信成立条件を開示してみせることを”現象学的還元”と呼ぶ。つまり、森下氏の写真には、この世界の意味や価値を転倒させる異質な空白が写り込んでいて、それに目を引き込まれた鑑賞者は、自己の視点自体の変更に迫られ、それまで見ていた世界が、突然別の価値を持って、浮かび上がる体験をするのではないか。例えば、鑑賞者にとって、写真に写った”雲”に目を引かれたとする。空一面を覆うその雲に、鑑賞の目は釘付けとなり、 そして、見つめ続けるうちに、突然その雲が、どっしりとした大地のように見えてくる。そして、雲は雲でないもの(大地のようなどっしりとした存在)へと変え、目の前に、突如開かれた、その間隙は、写真に写り込んだそれ以外の全ての存在・意味・価値を転倒させる、”裂け目”へと変貌する。 シャガールの絵のなかで、描かれた物がその重みを無くし、浮遊し、宙吊りのまま、価値判断を保留させるのにたいして、森下氏の写真では、新たな存在・意味・価値(影:shadows)を提示する異質な光源が、その強度で我々の視点を導き、別の世界を開示してみせる。一瞬にして、価値が変わる、ギョッとする瞬間を、ぜひ一度体験してほしい。

​Shadows of Light@PORT ART&DESIGN TSUYAMA

​Shadows of Light@PORT ART&DESIGN TSUYAMA

岡山県津山市で「Shadows of Light」展を開催します。額装された作品の展示に新作を加え、さらに今回は5m以上の大判出力による作品も展示します。 会期中、舞踏家の目黑大路さんによる公演があります。自分の展示会場で身体表現のパフォーマンスが行われるのは初めてで、非常に心踊る出来事です。金庫ギャラリーにおけるAbe Marikoの展示と併せてぜひご高覧ください。 会期:2019年2月15日(金)〜2月24日(日) 休館日:毎週火曜日 作家在廊日:2月15日・16日・24日 会期中関連イベント ​目黑大路 パフォーマンス作品「Marble」 公演日時 2月16日  15:00〜 2月17日  15:00〜 ​ 当日券:1500円 前売券:1200円 https://www.port-tsuyama.com/exhi-morishita

asterism

asterism

galleryMain 2018/11/29 ~ 12/09 (photo exhibition) 13:00 ~ 19:30(12/3, 12/4 休) 森下大輔   “Shadows of Light” 千葉桜洋   “指先の羅針盤” 2018/12/1

TSUKA

6月8日から7月15日にかけてメルボルンの現代写真美術館で開催される日本の写真家を紹介する展覧会「塚」に出品します。キュレーションは写真家でもあるKristian Häggblom. “asterisk”シリーズに新作を加えて再構成した展示を構想中。またこれにあわせて一週間ほど現地に滞在する予定です。   I will join to the exhibition “TSUKA” which introduces Japanese contemporary photographers to be held at