criticism

【森下大輔 写真展 Shadows of Light/展評 森内勇貴】

 森下氏の写真は、現象学的な仕掛けに満ちている。 そこには、 常に”異質な何か”が写り込んでいて、それは、手の傷かもしれないし、モヤであったり、影であったり、光であったり、現像ジミ?であったりするかもしれないが、その異質さは、まず鑑賞者の目を惹く。その違和感の塊を 見つめ続けていくうちに、それは、意味の重みを増し、写真の中で、ブラックホールのように、鑑賞者の視点と他の被写体を引き込む中心へと変わっていく。その異質な中心点は、鑑賞者の住む既成の世界も飲み込み、写真に写り込んだ全てのものを飲み込む。 そして、ある瞬間、突然に、その異質な塊は、周囲の存在を照らし返す”光源”としての「真の意味」を開-示する。それは世界を照らしかえす”光”となり、その光に照らされた被写体は、それまでの意味や価値を、転倒させ、まったく違った存在へと変貌する。 まとめると、森下氏の写真には、既存の世界と異質な何かが常に写り込んでいて、その異質な何かは、その異質さ故に鑑賞者の目を引き、それを中心にして、既存の世界は、別の世界へ開かれる。異質な塊は、意味の裂け目として機能し、その裂け目が放つ光は、既存の世界を変容させる力に満ちている。森下氏は、それをある時は、”空白”、あるいは、“豊潤な空白”と呼び、またある時は、”存在を、存在足らしめる光” と呼んだ。現象学では、それを「確信成立条件」と呼び、その確信成立条件を開示してみせることを”現象学的還元”と呼ぶ。つまり、森下氏の写真には、この世界の意味や価値を転倒させる異質な空白が写り込んでいて、それに目を引き込まれた鑑賞者は、自己の視点自体の変更に迫られ、それまで見ていた世界が、突然別の価値を持って、浮かび上がる体験をするのではないか。例えば、鑑賞者にとって、写真に写った”雲”に目を引かれたとする。空一面を覆うその雲に、鑑賞の目は釘付けとなり、 そして、見つめ続けるうちに、突然その雲が、どっしりとした大地のように見えてくる。そして、雲は雲でないもの(大地のようなどっしりとした存在)へと変え、目の前に、突如開かれた、その間隙は、写真に写り込んだそれ以外の全ての存在・意味・価値を転倒させる、”裂け目”へと変貌する。 シャガールの絵のなかで、描かれた物がその重みを無くし、浮遊し、宙吊りのまま、価値判断を保留させるのにたいして、森下氏の写真では、新たな存在・意味・価値(影:shadows)を提示する異質な光源が、その強度で我々の視点を導き、別の世界を開示してみせる。一瞬にして、価値が変わる、ギョッとする瞬間を、ぜひ一度体験してほしい。

asterisk 書評 大日方欣一

河原にしゃがみ込む少年がカメラアイに鋭く反応を返すショットを巻頭に置くこの燃焼度の高い作品集には、ところどころ、少年の瞳や頬、柔らかい腕、指先、匂いたつ体温や息する感触がよぎる。主題や被写体とするというよりも、相棒とする、分身となる—少年の日に寄り添い、ともに目の前の事象へ感受性を開いていこうとする。根本にはそういう態度の選択があって、このような重層的で伸びやかな光景群が生まれでてきたのではないか。きっぱりと作者は宣言する、「どこまでも具体的な事物に満ちた世界において、何かが存在するということ、そしてそれを成り立たせているものに触れる力を、写真は持っている」。「そこは、私たちの心が泳ぐことのできる自由な空間である」。古代ギリシャの原語で「小さい星」を意味したという表題の記号が、この本を眺め耽る私にはだんだん、ふわりと宙を舞い新しい季節の到来を知らせるしろばんば(雪虫と)オーヴァーラップしてくるのであった。 日本写真年鑑2018 発行 日本写真協会

飯沢耕太郎/現代日本写真アーカイブ

飯沢耕太郎/現代日本写真アーカイブ

飯沢耕太郎氏の新著「現代日本写真アーカイブ」に2011年の展示「名前のかたち」の展評が採録されています。 当時の作品が持っていたゴツゴツした手触りが、だんだんしなやかで輻輳的なものに変わってきているように思うこの頃。 森下大輔は1977年生まれ。2003年に東京綜合写真専門学校を卒業し、2005年からニコンサロン、コニカミノルタプラザなどでコンスタントに作品を発表してきた。だが初期の頃の、画面にパターン化された明快なフォルムの被写体を配置していく作品と比べると、今回の「名前のかたち」シリーズの印象は相当に変わってきている。 以前はブロイラー・スペースという名前で活動していたGallery RAVENの1階のスペースに11点、2階に12点展示された写真群は、白茶けたセピアがかった色調でプリントされており、その多くはピンぼけだったり、あまりにも断片的だったりして、何が写っているのか、何を写したいのかも判然としない。「名前のかたち」というタイトルにもかかわらず、それらは「名づけられたもの」を「名づけられないもの」あるいは「名づけようがないもの」へと転換し、再配置しようとする試みにも思える。 いくつかの写真には、彼自身のものらしい手の一部が写り込んでいる。だが、それがどこを、どのように指し示しているのかも曖昧模糊としている。それでも、逆に以前のきちんと整えられた画面構成にはなかった、写真によって世界を再構築しようという、止むに止まれぬ衝動が、より生々しく感じられるようになってきているのもたしかだ。今のところ、まだ中間報告的な段階に思えるが、この方向をさらに遠くまで推し進めていってもらいたいものだ。 2012/11/04 飯沢耕太郎 http://amzn.to/1JIOjTO