quote

Shadows of Light@津山 作家紹介文

この度、PORT ART&DESIGN TSUYAMAでは、写真家 森下大輔氏による展覧会を開催致します。 2005年「重力の様式」を皮切りに、6x7フォーマットの中判カメラを主に使用し、フィルム撮影~暗室プリントの作業を中心に制作を継続されています。 当初は風景を中心に、光の美しさをストレートな方法で撮り続けて一定の評価を得ましたが、近年ではそこにとどまることない実験精神を発揮し、暗室作業における現像ムラや長時間露光、逆光によるフレア、アウトフォーカスやドキュメントフィルム、赤外線フィルムなどに積極的に取り組み、制作の幅を広げています。そこから生まれる作品はデジカメで気軽に撮れるようになった昨今の写真とは少し違い、フィルムに収められ、暗室の中から立ち現れるという時間的な距離や、偶然性を誘発させる過程がブラックボックスとして機能しているのです。 一聴して不思議な印象を受ける「写真が写真を生み出す」という氏の発言は、写真が現実の似姿として一般的な意味や価値観と交換され、消費されるのではなく、それとは異なる場所、現実の外部から立ち現れることを期待してのものです。この「写真原理主義」とも言える信念こそ氏を支える強い力となっており、作品制作の羅針盤としても機能しているのです。 私たちの身辺にある見慣れた景色。どこにでもある木、人々の生活や建物、空に浮かぶ雲。平凡で自明な現実に正面から相対した時、私たちはそこに、私たち自身が社会の中で何者かを演じ始めるまえに持っていた、素朴で純粋な視線を発見します。そんな視線からこそ、新しい詩情や観念が生まれてくるのではないでしょうか。 今回展示される「Shadows of Light」は、氏の主宰するasterisk booksでの二冊目の写真集にあたり、今後の活動の幅の拡がりを予感させる重要な作品となります。是非、ご高覧ください。

asterisk 書評 大日方欣一

河原にしゃがみ込む少年がカメラアイに鋭く反応を返すショットを巻頭に置くこの燃焼度の高い作品集には、ところどころ、少年の瞳や頬、柔らかい腕、指先、匂いたつ体温や息する感触がよぎる。主題や被写体とするというよりも、相棒とする、分身となる—少年の日に寄り添い、ともに目の前の事象へ感受性を開いていこうとする。根本にはそういう態度の選択があって、このような重層的で伸びやかな光景群が生まれでてきたのではないか。きっぱりと作者は宣言する、「どこまでも具体的な事物に満ちた世界において、何かが存在するということ、そしてそれを成り立たせているものに触れる力を、写真は持っている」。「そこは、私たちの心が泳ぐことのできる自由な空間である」。古代ギリシャの原語で「小さい星」を意味したという表題の記号が、この本を眺め耽る私にはだんだん、ふわりと宙を舞い新しい季節の到来を知らせるしろばんば(雪虫と)オーヴァーラップしてくるのであった。 日本写真年鑑2018 発行 日本写真協会

「偶然性の問題」

偶然が人間の実在性にとって核心的全人格的意味を有つとき、偶然は運命と呼ばれるのである。・・・・無をうちに蔵して滅亡の運命を有する偶然性に永遠の意味を付与するには、未来によって瞬間を生かしむるよりほかない。未来的なる可能性によって現在的なる偶然性の意味を奔騰させるよりほかない。 九鬼周造「偶然性の問題」

「神の歌」牧野虚太郎

水の悔恨がたへまない いくへにも遠く 孤閨がえらばれて にくたいが盜まれてゆく ほのかに微風にもどり かすかなもの 愛にうたせて しづかに彫刻の肌をさめてゐた たへて醜をくりかへし 神の さぐれば かなしく まねけば さすがにうなだれて

ゲルマンの声明

ストラヴェーナと一緒に、田舎で映画を観ながら週末を過ごすのを常としています。観るのはたいてい古い映画。二人して「アマルコンド(フェリーニ/1973)」であるとか、アンドレイ・タルコフスキーの映画を繰り返し何度も観ました。こういった映画を暗記してしまうほどに。われわれは映画がはらんでいる芸術性を、気づくことすらせずいかに易々と取り逃がしてしまうことか。「ストーカー(タルコフスキー/1973)」でアレクサンドル・カイダノフスキーが泣いている場面を目にすれば、すぐさまどれほど高い水準で同場面が作り上げられているかわかります。ロシアであれアメリカであれ、現代映画でこの水準に到達し得ているものはありません。映画は本を読むのに飽いた人々のためにあるものに成り果ててしまった。そのため、本に書かれている内容を俳優が物語ってくれるかたちになってしまっている。こうした傾向は、芸術家たちにも決定的な影響をおよぼしました。だからわたしは、もう現代映画をほとんど観なくなったのです。イングマル・ベルイマン、黒澤明、「フェリーニのローマ」、オタール・イオセリアーニ、キラ・ムラトーワの映画を見ているととても幸福な気持ちになるし、時には若手監督の作品を観た時にも同じような気分になることがあります。 俳優に関して言えば、役割にふさわしい人を見つけるのがますます難しくなってきているし、ようやく見つけるのに成功したとしても、「おい、恥ずかしくないのか⁉︎ 懸命になって仕事をし、演技に打ち込むんじゃなくて、君は単に人に気に入られようとしているだけだ。そんな仕事ぶりをして申し訳ないと思いたまえ。そして即刻やり方を変えるんだ!」などとはなかなか言えない。映画は神聖な芸術なのですが、今や両手で自らの虚ろな目を始終覆っている怠惰な人間の巣窟になってしまった。 わたしの映画「神々のたそがれ」のなかには、空を飛ぼうとしている役を演じる背が低くて太った俳優が登場します − 彼は素晴らしい俳優です。王の役を演じた男は、地方の小さな児童向け劇団の俳優です。同時に彼は、首都にあるどんな劇場に出たって輝かしい演技を披露することができたでしょう。アレクサンドル・チュトゥコに注目してください − 彼のことを初めて目にした瞬間に、思わずこう言いました。この男にしよう、彼なら完璧なドン・レバを演じることができるであろう、と。 けれども何より問題なのは、賢くて教養のある観客がどんどん稀な存在になってきていて、見つけだすのがとても困難になっていることです。 「神々のたそがれ」 解説 遠藤純生 より

清水あすか「夜時化る。」

うすいベニヤを箱に作って青い時化を囲っている。 湿ってだぶついた段ボールにも、夜電信柱につながれた山羊が入ってる。 外灯下羽虫点、ガードレールの 冷たさ。手に付く粉と、板も段ボールも冷えて。 山の上から渡ってくる、抱えるほど大きな蛇腹の排水管を下って (それは実際入るというより「そのつもりになって」蛇腹の外側に手をかけることになる) 夜に下りて行ける。おびただしい色の集合としての黒は 死んでいくとは夜になる所作だと示すだろう。 そこで会う、今はない人に 足裏から掻きずる海鳴りで叫ぶだろう。 身体に抱きついたまま 首を歯で噛みつくだろう。ことばはもう 色を重ぶたせ過ぎたから。足を何度も 踏み鳴らし踏みつけ、この 夜底こそ時化。 わたしは水気で重い段ボールから山羊をこぼさないし、 白波はベニヤ板からあふれない。それは 身体の線から外へは出ないで、指の先 白くしたまま山の道、出くわす山羊と排水管。 髪は青く、今は

清水あすか 「我が妻籠み。」

冬にリンゴを食べる、夏でも リンゴを食べること、が、隠れている何よりいけないこと の、あらわであったら。想像して、一つずつの 自分がしてきた、思い出し、どうしよう。強張り、こと、とはどんな 成り立ちであったか、特権であったのか。 こと、とも数えないような 昼間誕生して、夕方には 絶滅する、知られないままの種 も、見ていただけ。   アスファルトや 電線が、すでにあった風景をずっと、きれいと思い 夕方の 青い、色との相まりに見とれては 育つ、割れたところから伸びる背骨の 求められる、先にある、迷いを、息づかい 息苦しさを、知る。声でなくとも 許される余白に、染み出す安心を 欲しいと。解をほどく 計算式の、なにを言わなくても

朝永振一郎「滞独日記」より

物を分析しないでぼんやりしたまま考えて、考えをすすめていくことがしてみたい。これはけしからぬ怠け心かしらぬが。物理学の自然というのは自然をたわめた不自然な作りものだ。一度この作りものを通って、それからまた自然にもどるのが学問の本質そのものだろう。しかし、これでとらえられない面がものごとにはあるにちがいない。 活動しゃしんで運動を見る方法がつまり学問の方法だろう。無限の連続を有限のコマにかたづけてしまう。しかし、絵描きはもっと他の方法で運動をあらわしている。 吾々は物ごとを有限の概念にかたづけてでなければ物が考えられないくせがついてしまった。しかしこれは何といっても無理にかたづけたものであるから、本のものそのものではない。

清水あすか 雨見する。

清水あすか 雨見する。

「雨見する。」 道路に落ちた雨、雨一滴の中に生きている時間が見える風景だ。 干して小さく切った餅よ揚げて、おかき作ってくれ。それを持って、星から沖の波一番遠い指先まで行く。 一滴背中をまるくして、滴のまるさに近づいて年をとってくれ。時時には 飯を噛ませるさじよ振って、ことばと ことばが育つ厚ぼたいだんまりを交ぜてまた、 この小さい口に放り込んでくれ。 子ども。風景は途方もない、おびただしい記憶の方法そのものだ。 どんな織られ方をして滴の形は、濡れる花はこの花なのか、ひたすら見とれている わたしたちの死ぬる、忘れてしまうをも軽く上等な糸にして、今一滴は織られていないか。 わたしは子ども、おまえに放り込む飯、行こう星、さわる波の指触りも不思議。雨よ 雨、見とれるばっかり、おまえは行く背中、 滴、わたしが映る、さじなく。さじなく。 —————————————— 清水あすか「空の広場 14号」より