Monthly Archives: September 2012

テクスト 名前のかたち 2

すべてに名前があった。小さな名前も大きな名前も、あらゆるかたちと溶けあい、いまに先立っていた。 それらを理解することと信じることとはまったく別で、そしてなにをどう信じるかは、いかなる知識とも、可能性の問題とも関係がなかった。この場所は像や体系としてではなく、活動としてあるのだ。 不安と確信の入り混じった熱のなかで、ものの輪郭を飲み込み、はじまりの顔を探す。名づけえぬものを遇し、かたちに放り投げられる。 骨だけでは踊れない。血と肉で笑え。