All posts by morishitadaisuke

2月17日 森下大輔x目黒大路 トーク

司会 森下さんから簡単な自己紹介をお願いします。 森 写真家の森下大輔です。ずっとフィルムで制作を続けています。20年くらい、モノクロの風景を撮り続けています。特に解りやすいテーマを持って制作しているという訳ではなくて、ずばり言ってしまうと純粋な写真を作りたいというのが私のテーマです。 所謂、みなさんが思われる写真家というのは綺麗な花を撮ったり、富士山の風景を撮ったり、報道写真を撮ったりして何かしらを伝えるっていうのが写真家と思われると思うのですけど、僕が目指しているのはそういうのとちょっと違っていて、純粋な写真を撮った時に物事の核心が掴めるのではないかという事を目指して、ずっと制作を続けています。 目 目黒です。私は舞踏という、踊りを20年ちょっとやっています。舞踏というのは1959年に日本で始まったとされている踊りで、既存のダンスを否定して成り立ったものです。どちらかというと、伸びやかというよりは、逆に縮こまって行ったり、上を目指すのではなくて下を目指すとか、生ではなくて死とか、非常にひねくれた考えで成り立ってきた踊りです。それを継いでやっているという感じです。見栄えは色々と変わってきて、白塗りなどいろいろしているのですが、それらは形骸化している部分もあるので、そういうのはなくとも良いかと思って、何も塗らずにやっております。 司 目黒さんは、なぜ舞踏という表現になっていったのでしょうか? 目 舞踏と思って舞踏に接した訳ではなく、最初は白塗りのインパクト、全身白く塗りパンツ一丁でほぼ裸、頭を剃ったりした、そんな写真をみて、なんだ、これ気持ち悪いなと思って、そこから惹かれてきた。 子供の頃から、気持ち悪いものに惹かれてきて。写楽の絵とかも気持ち悪いじゃないですか。役者絵とか。なんでこんな気持ち悪い絵を書くのだろうなと思って、惹かれるんですよね。もっていかれるんですよ。所謂、いいとかではなく、気持ち悪いもの、そういうアンチテーゼ的なものにどうしても惹かれるものがある。 それで東京にアスベスト館というところがありまして、そこは舞踏の創始者の土方巽という人がやっていたところで、もうその人は亡くなっていて、今はその人の奥さんがやられていて、そこにワークショップがあり、それが面白かった。そこは踊りやスタッフワーク、照明や音響とか、現代美術や写真、細江英公さんもそこでやられていた。SMのワークショップもあり、縛り師の方がいたりいろいろ面白かったんですよ。それに参加して、体を動かすのも好きだったので、面白い世界だなと思ったので、それから舞踏をやり始めた。 司 それはおいくつくらいでしたか? 二十歳くらいですね。東京に出てからですね。普通のダンスと違って、舞踏を小さい頃から始めていたというのまずいないので、大体みんな二十歳前後くらいから始めるので。 司 小さい頃からできるところがあっても面白いですね? そうなんですよ、まず白塗りさせるんですよ。 会場 笑 司 今の若い方は、動画とかで踊ったり見たりとかしていると思うのですが、全くそういう素地がないまま東京とかに行って? 目 踊りって恥ずかしいじゃないですか。だから舞踏も踊りと思ってやっていないんですよ。なんか変なものと思ってやってて、やり始めたら踊りだって言われたので、まぁ踊りだったんです。 司 今のスタイルになったのは始めてからどのくらいですか? 目 だんだん自分の考えなり、継いでいるものだったり、そういうものをアレンジというか、現代というのも含めて。始めたのはやっぱり戦争、戦後を経験している人たちで、そういう体なので、私はそういう体ではないので、じゃぁ私ができる、現代における舞踏というのはなにかというのを模索している最中、というのがクリアになってきてからですね、こういう風にだんだんなってきたのは。 それまでは真似事ですね。今も真似ている部分は多くありますけど。 司 その真似ている部分は土方巽さん? 目 それもありますし、いろいろですね。いろんな人の。それは舞踏の場合は、非常に思考も使うので、体のあり方を言語化して考えるんですよ。それと体を一致させるというのですか、思想をこうですよという必要はなく、体で見せればいいんですけど、自分なりに整理したり、誰かと一緒に作品を作る時は言語化して伝えるっていう事が重要なので、そのためにも言語化と体の一致をやろうとしています。

2月16日 森下大輔x目黒大路 トーク 抄録

Q: 写真自体にどのような意味があるのか? Morishita: 情報を伝えたいわけではなく、写真自体に伝えたいものが含まれている。   Q: 写真に色がないことの意味は?なぜモノクロ作品なのか? Morishita: 色があると一般的な世界観と結びつきやすい。色がない方が、写真は単に世界のコピーではないということを伝えられる。   Meguro:1950年代後半に日本で舞踏は生まれた。そして様々な変遷を経て、今の形に落ち着いた。ただ自分が行っている舞踏は、暗黒舞踏(白塗りの舞踏集団)ではない。元来、型を嫌う中で完成されたものであり、型にははまらないタイプの舞踏である。   Morishita: 存在そのもの、生きていることを示したい。シャッターを切ることで、対象物を固定してしまうのではなく、むしろ写真にすることで新たなものとして再生させたい。   Meguro: 作為をどれだけ削除するかが重要。全て削除すると、観ている人に対して何も出なくなってしまう。削除するものと削除しないものの間のせめぎ合いで苦悩する。   Q: 二人に共通するところは?

Shadows of Light@津山 作家紹介文

この度、PORT ART&DESIGN TSUYAMAでは、写真家 森下大輔氏による展覧会を開催致します。 2005年「重力の様式」を皮切りに、6x7フォーマットの中判カメラを主に使用し、フィルム撮影~暗室プリントの作業を中心に制作を継続されています。 当初は風景を中心に、光の美しさをストレートな方法で撮り続けて一定の評価を得ましたが、近年ではそこにとどまることない実験精神を発揮し、暗室作業における現像ムラや長時間露光、逆光によるフレア、アウトフォーカスやドキュメントフィルム、赤外線フィルムなどに積極的に取り組み、制作の幅を広げています。そこから生まれる作品はデジカメで気軽に撮れるようになった昨今の写真とは少し違い、フィルムに収められ、暗室の中から立ち現れるという時間的な距離や、偶然性を誘発させる過程がブラックボックスとして機能しているのです。 一聴して不思議な印象を受ける「写真が写真を生み出す」という氏の発言は、写真が現実の似姿として一般的な意味や価値観と交換され、消費されるのではなく、それとは異なる場所、現実の外部から立ち現れることを期待してのものです。この「写真原理主義」とも言える信念こそ氏を支える強い力となっており、作品制作の羅針盤としても機能しているのです。 私たちの身辺にある見慣れた景色。どこにでもある木、人々の生活や建物、空に浮かぶ雲。平凡で自明な現実に正面から相対した時、私たちはそこに、私たち自身が社会の中で何者かを演じ始めるまえに持っていた、素朴で純粋な視線を発見します。そんな視線からこそ、新しい詩情や観念が生まれてくるのではないでしょうか。 今回展示される「Shadows of Light」は、氏の主宰するasterisk booksでの二冊目の写真集にあたり、今後の活動の幅の拡がりを予感させる重要な作品となります。是非、ご高覧ください。

【森下大輔 写真展 Shadows of Light/展評 森内勇貴】

 森下氏の写真は、現象学的な仕掛けに満ちている。 そこには、 常に”異質な何か”が写り込んでいて、それは、手の傷かもしれないし、モヤであったり、影であったり、光であったり、現像ジミ?であったりするかもしれないが、その異質さは、まず鑑賞者の目を惹く。その違和感の塊を 見つめ続けていくうちに、それは、意味の重みを増し、写真の中で、ブラックホールのように、鑑賞者の視点と他の被写体を引き込む中心へと変わっていく。その異質な中心点は、鑑賞者の住む既成の世界も飲み込み、写真に写り込んだ全てのものを飲み込む。 そして、ある瞬間、突然に、その異質な塊は、周囲の存在を照らし返す”光源”としての「真の意味」を開-示する。それは世界を照らしかえす”光”となり、その光に照らされた被写体は、それまでの意味や価値を、転倒させ、まったく違った存在へと変貌する。 まとめると、森下氏の写真には、既存の世界と異質な何かが常に写り込んでいて、その異質な何かは、その異質さ故に鑑賞者の目を引き、それを中心にして、既存の世界は、別の世界へ開かれる。異質な塊は、意味の裂け目として機能し、その裂け目が放つ光は、既存の世界を変容させる力に満ちている。森下氏は、それをある時は、”空白”、あるいは、“豊潤な空白”と呼び、またある時は、”存在を、存在足らしめる光” と呼んだ。現象学では、それを「確信成立条件」と呼び、その確信成立条件を開示してみせることを”現象学的還元”と呼ぶ。つまり、森下氏の写真には、この世界の意味や価値を転倒させる異質な空白が写り込んでいて、それに目を引き込まれた鑑賞者は、自己の視点自体の変更に迫られ、それまで見ていた世界が、突然別の価値を持って、浮かび上がる体験をするのではないか。例えば、鑑賞者にとって、写真に写った”雲”に目を引かれたとする。空一面を覆うその雲に、鑑賞の目は釘付けとなり、 そして、見つめ続けるうちに、突然その雲が、どっしりとした大地のように見えてくる。そして、雲は雲でないもの(大地のようなどっしりとした存在)へと変え、目の前に、突如開かれた、その間隙は、写真に写り込んだそれ以外の全ての存在・意味・価値を転倒させる、”裂け目”へと変貌する。 シャガールの絵のなかで、描かれた物がその重みを無くし、浮遊し、宙吊りのまま、価値判断を保留させるのにたいして、森下氏の写真では、新たな存在・意味・価値(影:shadows)を提示する異質な光源が、その強度で我々の視点を導き、別の世界を開示してみせる。一瞬にして、価値が変わる、ギョッとする瞬間を、ぜひ一度体験してほしい。

長野重一

二十代でフォトプレミオのグランプリをいただけたのは、長野さんが審査員だったからだろうと勝手に思っている。写真家として歩み始めたばかりの時期に背中を押してくださった。深く感謝しています。長野さんの伸びやかな視線を少しでも引き継げるよう、制作を続けてゆきます。