“asterisk” text #3

Even if we are living in perplexing times and our hearts are sent hither and thither by confusing thoughts, our lives exist like a quiet prayer in some way. That kind of life cannot be violated by anyone.

Even if someone should attempt to disrupt our existence, we must always resist it.

We must not consume ourselves or allow ourselves to be consumed. Our lives exist to draw close to something.

たとえ千々に乱れる時間の中にあっても、生はどこか静かな祈りのようなものとして存在する。それは誰にも侵すことのできないものである。

もし誰かに濫用されるようなことがあれば、私たちは抵抗しなければならない。

消費してはいけない。消費されてもならない。生はなにかと寄りそうためにあるのだ。

Leave a Reply