雪が降ると視線が惑う。名指すものが少なくなるからだ。結露した窓が白く光り、人の身振りが気にかかる。焦点距離を定めない遊びを素面でできるから、カメラを取り出す手が億劫になる。これならこれでいいかとも思う。ものを生み出すとはなんだろうか。静かなことだろうか、怒りのようなものなのか、否定することでもあるかもしれないけれど、ただ肯定することでもないのだろう。ただあること、もしくはそうでないこと。明日には消える雪がきっと路面を滑りやすくしている。バイクで転ばないように気をつけなくては。

 

Leave a Reply