過露光

切片を担う。この切片にはその切片しか宿らないがそれが担うのはほかのもので。

無理だと思う。捉まえようとすれば去ってしまう月のように。

散文が露光して象る、名前のかたち。だから詳しくなれない。

巡って巡って、味わう旅のかたち。散らばりたち。血からにおう。

もう無理だと思う。