取材

取材量の減った作家に未来はない。無闇を常態とすること。

取材というと遠方へ足をはこぶ労力を想像しがちだがそんなことはなく、ほとんどの場合、注意の度合いが問題になってくる。「そこいら」という表現が好きだ。身辺に注ぐ視線がいかにあるか、それがなににもまして重要であると思う。