テクスト 「重力の様式」

一つのはじまりのために、目の前にある事実に手をのばす。 

そしてその場所に身を委ねることで、世界を知る。 

節度ある活力をもって。