「神の歌」牧野虚太郎

水の悔恨がたへまない
いくへにも遠く 孤閨がえらばれて
にくたいが盜まれてゆく
ほのかに微風にもどり
かすかなもの 愛にうたせて
しづかに彫刻の肌をさめてゐた
たへて醜をくりかへし
神の
さぐれば かなしく
まねけば さすがにうなだれて

Leave a Reply