works

2018/5/9

久々の休暇が終わってしまった。雲の流れ、色とのまつわり、人の美しさに見とれながら私はどこかで苛々している。美しい場所が自分の感情とどのようにつながっているのかわからないままにいくらかシャッターを切った。確信を持ちつつ踏み惑うことで生を感じている。それを証し立てるものの無名性を信じながら。