Monthly Archives: March 2019

2月16日 森下大輔x目黒大路 トーク 抄録

Q: 写真自体にどのような意味があるのか? Morishita: 情報を伝えたいわけではなく、写真自体に伝えたいものが含まれている。   Q: 写真に色がないことの意味は?なぜモノクロ作品なのか? Morishita: 色があると一般的な世界観と結びつきやすい。色がない方が、写真は単に世界のコピーではないということを伝えられる。   Meguro:1950年代後半に日本で舞踏は生まれた。そして様々な変遷を経て、今の形に落ち着いた。ただ自分が行っている舞踏は、暗黒舞踏(白塗りの舞踏集団)ではない。元来、型を嫌う中で完成されたものであり、型にははまらないタイプの舞踏である。   Morishita: 存在そのもの、生きていることを示したい。シャッターを切ることで、対象物を固定してしまうのではなく、むしろ写真にすることで新たなものとして再生させたい。   Meguro: 作為をどれだけ削除するかが重要。全て削除すると、観ている人に対して何も出なくなってしまう。削除するものと削除しないものの間のせめぎ合いで苦悩する。   Q: 二人に共通するところは?