テクスト「歌」

風景の中で、言葉が呼吸をしている。

言葉はただ、呼吸を繰り返し、そのリズムに従っている。

そしていつしかそれを忘れて、リズムそのものになった時、言葉は消え、歌になる。

風景の中で、歌が歌を歌っている。

 

歌は

存在を吸い上げ、

時間を織り込み、

空間を重ねあわせることで、

知っているものと知らないものとを繋げてゆく。

 

だが、ふと呼吸のリズムを思い出した時、

白が底なく白く映えて、思わず笑ってしまう。歌が沈黙に満ちていたからだ。

満たされないということに同意してはじめて、目が見えるようになるというのに。